模索

今まで結構な間、自分は何者だろうか、本当の自分は何か、天職は、生き方は、などと、悶々と考えたり、本を読んだりして生きてきたが、いよいよわからなかった。

何かを知りたい、何かのヒントを得たいがために、本を読みあさり、そして、内容を忘れてきた。本を読んで何が残ったのかはよくわからない。

自分に残された時間がいくらあるかはわからないが、とにかく、食いつぶしている自覚があって、というか、今までの時間は何だったのか、説明しようとしてもよくわからない。ただ呑気に死なない程度に生きていた。

はて、どうしたものか。正直に、自分は頭がいいと思っていた。本を読めば自分の糧になる、そして完全な存在に近づく、そう考えていた節がある。でもそんなことはなかった。本の内容はろくすっぽ覚えていないし、何か、たとえば英語を身につけたとかそういうこともない。仕事が上手になることもなければ、うまい文章を書けるようにもならない。計画性もなく衝動的に生きていて、怒りっぽい。

この列挙したものをぜんぶ逆にしたのが自分の理想ということだし、それに関わる本を読んだこともあるが、なんとも変わらない。

いつしか読書の目的は、内容を自分の糧にすることより、ただ活字を目にしたいというだけになったのか。

もしくは、すごく成長しているんだけど、何かと自分に完璧を求めてしまって、いつまでたっても良く見えないということなのか。

なんにしても、自分は満足していなくて、それが空虚さとなっている。

はてさて。話がそれた。 遅まきながら、自分の読書が、読書の目的の軸がずれていたことに気がついた。そうしたら、本を自分の骨肉とするよう、読み方を変えるしかない。それはとりもなおさず、勉強することを意味する。

たぶん、今までの読み方でも、なんかは頭に入っている。たとえば、もう一度本を読み直せば内容がよみがえってくるだろう。今はそのトリガーがない。

インプットしたことをアウトプットする。本当に理解したい、覚えたいことならそうするしかない。 いわゆる認識語彙と運用語彙のことだ。実際に使わないことには使えるようにならない。当たり前のことだ。練習しないで使えるようにはならない。自分で書いていて当たり前すぎて、でも心にはグサグサときていて。今まで読んだ内容を実践することなどなかったから。読んで満足していた。読んでそれで使えるだろうと思っていた。んなわけない。練習しないでできるわけない。スポーツとか楽器ならすんなり理解できるんだけど、知識的なこととか、頭脳労働、文章力とか、プログラミングの技術とか、語学的なものとか、なんか見りゃわかるだろうとか思っていた。愚かだ。書いていてほんとしんどい。そんなわけないだろう。

だから、勉強することにした。とにかく、毎日自分の荷物に参考書とノート、筆記用具を入れて、スタンバイしている。喫茶店に行って、ひとしきり集中する。ここのところの週末はそうしている。

そうしたら、毎週末の満足度が高まっている。読書の目的は、読み流すんじゃなくて、理解し身につけることなんだろう。自分がそれを心の奥で欲しているのだろう。何かを達成したことを、喜んでいるのだろう。

がむしゃらな読書に比べたら、インプットの総量は減るだろう。そのぶん、自分の決めた事柄を骨の髄までしゃぶり尽くすつもりだ。自分の理想へ、1ミリずつでも近づいていけば、本当の自分、求めているもの、なりたいものに近づける、今はもやもやで見えていないものが見えてくるはず。だから、勉強を続ける。自分の興味が指し示すものの奥に、きっと何かがある。

悪い習慣

久々の日記だなぁ

最近もずっと夜更かししてる。なんで夜更かしするのか理由を探ってみると、 大体は何か一つのことをだらだらとやり続けて、気づいたらかなりやばい時間になっているっていうパターンが多い。

その「一つのこと」の最たるものが、動画とゲームだ。 Youtubeで関連動画を延々見続けいてると簡単に夜が更ける。 ゲームも止めどきを見失う。

だから、家に帰ってからはどちらも禁止することにした。 どちらも、やっていいのは朝早く起きたときか、休日だけ。 これでどうだ。

ゲームはやり始めに結構エネルギーがいるから、やらないでいるのは結構簡単だ。 だが、動画は手強かった。 ゲームの攻略見たいなとか、あの曲聴きたいとか思ったとき、Youtubeが出てくるのだ。

あかんあかん、動画見ちゃいけないんだった、と踏みとどまることが何度も起きた。1日目なのに。 これは困った。 ここで初めて、自分の生活に動画が強く根付いていることに気がついた。

ほどなくして、動画を見てしまったし、そう、夜更かしした。

はて、これはどうしたものか。 意志の力だけではどうにも対処できなそうだし、完全にNGとしてしまうのもベターじゃない気がする。

ここで、ちょっと前に読んだ本を思い出した。

仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術 チェンジ・エニシング

仕事・お金・依存症・ダイエット・人間関係 自分を見違えるほど変える技術 チェンジ・エニシング

  • 作者: ケリー・パターソン,ジョセフ・グレニー,デヴィッド・マクスフィールド,ロン・マクミラン,アル・スウィツラー
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2016/12/12
  • メディア: Kindle
  • この商品を含むブログを見る

自分を変えるために何ができるか。 新しく何かをすることは、なんとなく想像がつくが、今回は、何かをやめようとしている。 それにどうアプローチしていくか。もしくは、やめるというか別の何かで埋めてしまうのも戦略かもしれない。 とにかく、この本を読んで、自分の悪い習慣をなくすために何ができるかを模索しようと思う。

あと書きたかったこと:自分の意識について

頭が真っ白になりそうな時、さらりと切り返す話し方

この本を読んだ。すごくタイムリーだったと思う。

最近仕事がうまくできない、スピードが遅いと思っていた。 作業はどんくさいし、何か質問されるとしどろもどろになってなんも話せないし。 仕事が終わって家に帰ってもなんだかぼんやり動画かなんか見てたら深夜になってたり、全然生産性のない人生を送っていた。

自分のうまくいっていない部分は全部同じ根元だったのかなぁと思った。

頭が真っ白になるのは、そもそも考えていないから、整理ができていないから。 そうなるのは、考える能力がへったているから。 考える能力を鍛える方法として、A4メモ。紙に「考えないで」走り書き、3行くらい。とにかく頭の回転を速くするトレーニング。 アウトプットの力、言語化能力を高める。

A4メモはモーニング・ページに近いものを感じた。 生産性を高める訓練と創造性を高める訓練が一つに繋がるのが興味深い。

考える、アウトプットを増やすことが自分に足りていない部分だと強く感じたので、それを重点的に高めていきたいと思う。

この作者の本を他にも読んでみたい。章立てがとても丁寧で、箇条書きや章末まとめもあり、非常に読みやすかった。

この記事も、なるべく考え込まないように書いたが、どうだろうか。 以前からしたら、ある意味適当に書いている状態。かつてを振り返ると、なんだか芸術作品を作ろうとしていたように感じる。 いや、実際そうでいいしそういうの書くの好きだけど、仕事はまた仕事で割り切るべき。 あと表現とか悩んだために新鮮な考えが逃げていったことが、このブログを書いているときもあった。

自分の場合、ペンで紙に書くのも好きだし、キーボードでヅカヅカ打つのも楽しい。 だから、この2つを使い分けてA4メモを書いていきたい。 考えに詰まったらとにかく書く、不安やぐちゃぐちゃも全部包み隠さず、構成なんかも一切無視してはき出す、そこで整理されたり新しい考えが浮かぶ余地が出てくることもあるのかなと思う。

自分は英語がわからないことがわかった。

自分は英語がわからないことがわかった。 文法力が足りない。どこで主語とか述語とか区切れるのかがわからなかった。 たとえ個々の単語がわかっていたとしても、そもそも文の構造で大意を掴めていないと、不必要な解釈の選択肢が浮かんできて、読み解くのに無駄にエネルギーを使う。

多読派は、こういった初心者には難しい文法項目も、やさしい文章で慣れていけば、いつか理解できるという。 でも、あいにくそんな時間はない。 それに、自信がないことを自信がないまま温めておくのは性分でない。 わからないことをわからないまま読み進めていくのは日本語の文章でも同じだろ?っていうけど、それは違うだろう。日本語でわからない文章は、別に文法でつまずいているのではなくて内容がわからないのが普通だろう。

あれ、多読をdisるつもりではないけどそういう流れになってしまった。 多読の名誉のためにフォローすると、多読でメジャーな文法や単語を多く目にするのはとても効果があると思う。 一般的な英語の型を、肌で感じることができる。 だからいつかは多読に移行したい。

でも、それまでになるべく文法事項でつまずくのは避けたい。 せめて、文の構造を自分で分解できるようにはなりたい。 それができないと、それ以降の自学自習に至れないから…。

とにかく、文法を学ぼうと思い至った。それで、今回は多読という選択肢はとらない、と決めた。 さて、ちゃんと文法を学ぶにはどうしたらいいかな、っていうのが次の悩み。

輝ける闇

自分のなかに魔物を飼っていて、そいつをどうにもできない。 いつか覚醒して、まわりの人を傷つける。 だから、自分は誰かと繋がったり家庭を築くことなどできないと、思っていた。

でもそれは甘えなんだなぁ。目を背けても、魔物が消えるわけでもない。 それなら割り切って折り合いをつけるしかないなぁと。

ぬるま湯に浸かって、何もせずに過ごしてきたから、今更他のことができるでもなし、現状に首の皮一枚繋がっている状況だ。 それならば自分がここにいる理由をまずは全うするか。そして、それとまた別の自分を探し続ける。 片方だけじゃ、希望が持てない。叶うかはともかく、夢だけは見ていたい。

今を生きた過去は消えていく。自分は年をとっていくばかりである。

集中力がほしい

今日は、とても気持ちよく仕事ができた。 いわゆるフロー状態に入った。それは久しぶりのことだった。

また入りたいから、今日の状況とか感覚をメモっておく。

  • 時間は夜遅くなってから
    • 夜型だから?
    • 人が少ないから?
  • 興味のある仕事だった
  • うまくいきそうでいかなくて、少しいらついていた

時間が遅くなってから集中力が上がるのはずっと前からそうだった。 きっと昼の時間帯は夜の半分も出ていないんじゃないかと思う。 これはつらい。いるべき時間に集中できず、いるべきでない時間に集中できる。 昼間に集中できるようにするには…たとえば、早寝早起きして脳のエンジンがかかるのを早める、とかだろうか?

興味のある仕事については選べないこともある。だが、つまらない仕事を興味深くやる方法はあるかもしれない。

うまくいきそうでいかなくてイライラ、これは少し難しい。 イライラすることで近視眼的になってしまい、結果的に非効率な手段をとってしまうことも結構あるからだ。 だが集中という観点から考えると、うまくいかないから別の手段をとる、そういう試行をたくさん行うことで、集中力にドライブがかかっているのかもと今日感じた。 それはある意味近視眼的だからできることで、Aがうまくいかなかったら近いA'の手段を即座に試してそれもダメだったらA'‘。 作業をひっきりなしにやる下地があった。 じゃあどうすればいいか?作業を小さな作業に切り分けてガスガス進めていくのがいいんだろうなぁと思う。 けど、作業を切り分けるのが難しいんだよなぁ。作業をやる前からそんな予想できないよ。 じゃあせめて、今やっている作業は想定内か想定外か、想定外だとすると道にそれていないか、つまり意味のない作業をしていないか、意識する。それなら、この作業は間違っていない、気合い入れてやっていいんだ、と理解して集中を促すことになるかもしれない。

たくさんの作業を用意しておく、というのはGTDの考え方だなぁ。理解はできるが続けられない。だから、上に書いたことも自分で納得しつつも実際に行うのは難しいだろうと考えてしまう。

どうしたものか。仕事をどう進めていったらいいんだろうな。

another world

それなりに大きな街に住んでいる。 終電での帰りになってしまったのだが、おなかがすいてしまったので、24時間営業のファーストフード店に寄った。

そこは異様な光景だった。

屍、屍、屍。

みんな、テーブルに突っ伏して寝ている。食事をしている人などいない。 老若男女、さまざまな人びとが、休息をとっていた。 そうか、それもそうか…。ここは、終電をなくした人の最後の居場所なんだ。

この街に住んで長くなるが、初めて知った。盲点だった。 自分の知っている世界はまだまだ狭い、そう感じた。

よどんだ空気のなかで食事をするのは不快だったが、先人にとっても、この時間に食事をされるのは不快であっただろう。 食べ物を流し込み、逃げるように立ち去った。 味はよくわからなかった。

済んだ外の空気に癒された。人通りの少ない道を選んで歩いた。